行政書士に独学でなってみせる独学で行政書士になれるのか

行政書士試験は独学でも合格できるのか

行政書士試験は独学でも合格できるのか

行政書士の資格と聞くと、非常に難しそうなイメージがあります。

実際に難易度は高いほうの資格になるでしょうが、これは、独学でも合格可能なのでしょうか。

インターネットで調べてみると、実際に独学で合格している方を見つけることができます。

インターネット上に情報を出していない方でも自力で合格をもぎ取った方もいらっしゃることでしょう。

しかしながら、ひとりで勉強して合格しようと思うと、それなりに勉強のコツを見つけることが大切になるのではないでしょうか。

大学受験など、一度でも長期にわたってしっかり勉強した経験がある方であれば、勉強のコツを掴んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そうでなくとも、現在ではインターネットがありますから、ネット上でどのように勉強していくとよいのか親切に教えてくれているサイトを見つけることもあります。

いずれにしても、まずは、本気で行政書士の資格を取りたいかどうかという気持ちが大切でしょう。

勉強時間はいったいどのくらい必要か

行政書士の資格を取るにあたり、どのくらいの勉強時間が必要なのかということは、誰もが気にするところでしょう。

仕事をしながら独学で資格取得を目指す方も多くいらっしゃるので、勉強時間のやりくりをするためにも、毎日どのくらい勉強時間を確保すればよいのか、あらかじめ知っておきたいはずです。

インターネットで調べてみると、勉強時間についてはさまざまな意見がありました。

どれが本当なのかはわかりませんが、それでも、それなりの時間は必要になるでしょう。

ただし、個々の勉強のペースにもよりますし、人によっては一回で覚えられることが、二回、三回と繰り返すことで覚えられるという方もいらっしゃるはずです。

独学で行政書士を目指す

勉強時間はこのくらい、というのはおよその目安であって、実際に勉強に取り組んでみた時に、自分はどのくらいのペースで勉強していくことができそうかというのを考えてみましょう。

己を知ることで、独学で行政書士の資格取得のために必要な勉強量も自然とわかるはずです。